http://nuage.jugem.jp/
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
いろいろと見直す。(モーラス顛末記まとめ)
もしモーラステープによる光線過敏症を発症したら。

・迷わずすぐに皮膚科に行く。
・躊躇なくステロイドを使い、迅速に徹底的に治す。
・悪化させないように、患部は掻かない。
 保冷材は必需品。冷やせばきつい痒みも我慢できる!

この3つ、ぜひ試してほしいと思います。
自家感作性皮膚炎を併発させないことがまず第一段階。

私は光線過敏症、自家感作性皮膚炎に罹患して以来、
今まで考えなしに摂っていた食品を控えてみています。

【できるだけ摂らないもの】
白砂糖・油で揚げたもの・カフェイン・食品添加物

要は、身体全体の老化を防ぎたいのです。
モーラステープの痕は、茶色にくっきりと色素沈着しています。
知らない人が見たらギョッとするかも。
肌色ストッキングでは隠し切れない、
広すぎてコンシーラーも使えない、
そんな大きな痕が残ってしまいました。
それでも肌のターンオーバーで少しずつ薄くなるそうなので、
紫外線から徹底的に守り、身体の中から変えて行かなきゃな、と。

それに加えて、実は脂質異常症の疑いもあったりするので
この辺で中身から変えて行こうじゃないかと思ったのがきっかけです。

とはいえ、キチキチすると疲れるので、できる範囲でやることにしています。
例えばカフェに行ったら、甘々なおやつは食べないけどラテは飲む
みたいな感じ。それなら続けられるかなと。
白砂糖以外の甘味は適度に摂ります。
油は亜麻仁油(オメガ3)を摂り、外では油ものは控えます。

食いしん坊なのでダイエットは大嫌いです。
ダイエットという言葉を聞いただけでストレス感じちゃう。
だから、ダイエットはしません(笑)

白砂糖・油で揚げたもの・カフェイン・食品添加物
抜きはいいですよ〜。
コンビニやファーストフードで買えるものが減ります。
ちりも積もれば…で、身体はクリーンに、小銭は貯まる
予期せぬ相乗効果が待っていました。

なんだか体質改善の話みたいになってしまいましたが。
モーラステープによる光線過敏症、無知な自分が起こした
とてもおバカな出来事でしたが、薬剤の事、人の身体の事、
食べ物の事…いろんなことを考えるきっかけになりました。
災い転じて福となす、というところかなと今は思います。

あとは上手にステロイドを減薬していければ。
皮膚科の先生が名医なので、信じてついて行きます。




 
ニッキ - -
光線過敏症からの自家感作性皮膚炎
モーラステープ顛末記その2。

モーラステープを貼ったことすら記憶の彼方にあった頃、
足首(貼った部分)にポツリポツリ現れ始めた発疹。
楽しい夏の旅行中だったので、「なにこれ激カユ!」と思いながらも
4日ほど放置してしまいました。

楽しい予定も全て終わり、発疹も明らかに広がり、
これはいよいよマズイ!!となり皮膚科を受診したわけですが。。。

・・・遅すぎました。

モーラステープを貼ったところに発疹が出たかもしれないあなた。
迷わず今すぐに皮膚科へGo!です。
早ければ早いほど良いです。放置しても悪化の一途。

私は発疹に気づきながら旅行を優先し受診が遅れたので、
必要以上に重症化させてしまいました。
先生の言葉を借りると
「ひどい。ド重症。強めの薬で行くしかない。
それでどうにかギリギリ抑えられるといいけど」な状態でした。

貼った場所=患部は足首ですが、足全体がゾウのように腫れあがり、
患部は水ぶくれが化膿し、見るも無残な状態になっていました。
最強レベルのステロイド軟膏と、副作用がギリギリ出るかでないかの
ステロイド内服薬で、とにかく抑え込み作戦です。

鳥肌が立ち震えがくるほどの痒みに襲われながら、
ひたすら保冷剤を当てて冷やして耐えました。
痒みは正常な思考を妨げるのだと初めて知りました。

光線過敏症の発疹を認めてから10日後、
ステロイド治療開始から1週間した頃、
体幹を中心に全身に発疹が広がりました。
「自家感作性皮膚炎」の併発です。
皮膚科の先生からは初診時に予言(笑)されていました。
皮膚炎の病巣が急激に悪化することによるものだそうです。

「あれ、ここちょっと痒い?」と思ってほんの少し掻くと、
そこに発疹が次々と現れていきます。
身体全体に発疹の芽があるみたいな感じ。

しかもその尋常ならざる痒みといったらもう。
眠れない、集中できない、それは辛い状況です。
綿100%の肌着、着衣を選んでも着ていることが辛い。
家と職場に保冷剤をストックし、体中冷やしながら
痒みを逃す日々が続きました。

私の場合はすでに強めに服薬治療を行っていたので、
原病巣の状態が良くなるにつれて自家感作性皮膚炎も
抑えられていきました。←ここがポイントみたいです。
原病巣がしっかり治らないと、自家感作性皮膚炎の広がりは
治まらないので、いかに迅速に原病巣を抑え込むかが
重要です。

私の場合、皮膚科の先生の的確なお見立てと処方で
強めのステロイド薬をガッツリ使ったことで、
治りが早かったように感じます。

これを書いている現在はステロイド内服薬の減薬期です。
わりと強めに飲んでいたので、ゆっくり減薬する必要が
あるのだとか。服薬からちょうど2週間ですが、原病巣の
痒みはほぼなくなりました。全身に広がった発疹も急速に
落ち着いてきています。
(まだ最強レベルのステロイド軟こうは指示通り使っています。)

他にも、夢中でネットで調べまくって取り入れた改善点を
次の記事で【まとめ】として残しておこうと思います。

 
ニッキ - -
光アレルギー性光線過敏症
モーラステープの安易な譲渡による誤使用で、
重症の光線過敏症、さらに自家感作性皮膚炎になりました。

どちらも自分にとっては初体験のことで、
ネット上の多くの体験談に助けられたので、
私も顛末をメモしておこうと思います。

私はモーラステープを10時間程度屋内で貼った後、
海・山・街で紫外線に当てまくったことで(夏休みの旅行ウィークだったのです。)
貼ってから2週間後に重度の光アレルギー性光線過敏症を発症しました。

とある調査報告を見ると、モーラステープに含まれるケトプロフェン外用剤
に起因する光線過敏症の、処方から2か月以内の発現率は0.05%とか。
つまり、誰でも起こることではなく状況や経過、体質に依るのだと思います。

実は私、20年くらい前にも、今思えば光線過敏症だったんだなと思える
ことがありました。当時新商品のスプレー式日焼け止めをつけたところ
全体に発疹が出て、ひと夏長袖で過ごさざるを得なくなったことがありました。
でもそんなことはすっかり記憶の彼方・・・
もしかしたら元々光アレルギー性光線過敏症になりやすい
体質だったのかもしれません。

さて。
もしも発症してしまったら…


続きは「治療編」へ。
 
ニッキ - -
ヒトに備わったプログラム。
上野の国立科学博物館(科博)が好きです。
科博に行くと、自分が大きな流れの小さな一部であることを
感じられるから。
「なんだ、そっか。そういうことか。」と思える。

毎回行くたびに新しい発見を持って帰ってこれるから不思議。
今回の発見は、

「ヒトに備えられている今日より明日を良くするプログラム」

ヒトはもう大昔からそのループの繰り返しのよう。
今日より明日のほうがほんの少し良くなるように考えるから、
そのループは堂々巡りじゃなくてらせん。
ぐーるぐる、ぐーるぐる、同じようで同じでない、
ちょっとずつ上に向かって進もうとするプログラム。
土器が石器になり、機械になって行くように。
洞穴のおうちが寒さをしのぐおうちになって行くように。
「これ、もうちょっとなんとかなんないかね?」
「こういうの、どうだろう?」
「いいね、やってみよ」
「お、意外と良かったね。」

もちろん、表裏一体、失ったものもたくさんある。
取り返しがつかないこともいっぱい。
次の世代、その次の世代への宿題もいっぱい。
そこはまだヒトが賢くなりきれていないところなのかもね。
ヒトもまた、進化の途中。

でも失ったことに気が付けば、回復させようとまた智恵を絞る。
戻っているようで戻っていない、らせんのプログラム。

あぁ、そうか。
私もこう生きればいいのね。という発見。
「自分なりの生き方」を探すなんて、
私にはとても大きすぎて途方に暮れてしまうけど、
意思のあるなしに関わらずヒトに備わったプログラムならば、
少なくともヒトである私も「昨日より今日、良くできる」のだろう。

「ヒトらしく生きてみよう」と思ったのが、今回の発見。
とりあえず毎晩、昨日より良くなったことを見つける作業から
始めています。

…それが意外と思いつかなくてね。
ちょっと仕事が進んだとか、そんな程度。
以下に凡庸に毎日過ごしているかを痛感する日々です。
いや、それに気が付くこともまた進化なのだ。

nanon
 
ニッキ - -
キミの好きなことはなんだい?
国立科学博物館に初めて行きました。

宇宙のなりたちー地球ー生命と種ー自然ーヒトの文化ーヒトの技術
すべてがわかって、自分の立ち位置がわかる、とてもいい博物館でした。

『地球は人間様のモノだぜ!
好き勝手、ほしいままにしていいんだぜ!
化学物質や放射能で汚れちゃったっていいんだぜ!』
・・・などと思っているホモ・サピエンスは
ぜひ一度科博へ行き、自分のルーツを知るべきですネ。


息子が興味を持ったのは宇宙や天体としての地球について。
物理学にも興味あり?
恐竜フロアでは大陸移動と隕石衝突のほうに興味津々。
動物フロアではディズニー映画に出てくる動物たちのみ
フォーカス。(まぁ、そういう入口もあるよね。)

息子が買ったお土産は…
・マンモスの牙
・サハラ砂漠の砂

科学はロマンだなぁ。

 
まなむすこ - -
| 1/18 | >>